2005年04月28日

プロになりたいですか?PART 2

前回の記事 を書いてて思い出したんですが、

彼女がまだ高校生くらいだった頃、ショップのコンペに一緒に出た事があるんです。

そのとき彼女はレディースBBのクラスで2位だか3位で、1位は当時のトップアマチュアの女の子でした。

コンペの表彰式の時、

そのトップアマチュアに負けた事が悔しかった彼女は、こう言いました。


「私、表彰式出たくない。」



すごいですよね。

表彰式に出ないのがすごいんじゃないですよ。

悔しいから表彰式に出ないなんてのは、決して褒められたものじゃないですから。

実際、

「”出たくない”じゃないんじゃ〜!わがまま言ってんじゃね〜!!」と思いましたし。
(でもヘタレな私は、ふかわりょうのような気弱な笑顔を浮かべて黙ってるだけでしたけど...)

すごいのは、彼女がそのトップアマチュアの女の子に勝てると思っていたということ。

だからこそ、そこまで悔しかったんでしょう。

そんな彼女だからプロボディボーダーになれたんだと思います。


もし自分が同じ立場だったら、「俺すごくない?優勝は出来なかったけど、よくやったでしょ。」と自慢すらしていると思います。

ハナっからトップアマチュアに勝てるなんて思いもしないです。


勝てると思わなければ、勝てる訳無いんですね。



では、今日のまとめです。

ここプロテストに出ますから、ちゃんとメモするように!




プロになりたかったら、




1位以外のときは表彰式に出るな!

じゃなくて、





プロになれると心から思い込め!
自分で自分に壁を作らないことが大切ですね。


よしっ!善は急げだ。早速思い込むぞ!!

人気ブログランキング、今日も1位か。まあ、カリスマブロガーだから、当たり前だけどね。書籍出版の話も大詰めだし、ああ、忙しい、忙しい...」


哀れな三十路男に愛の手を

posted by まないく at 08:02| Comment(1) | TrackBack(0) | サーフィン考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、
リンク有り難う御座いました。
Posted by Go@papa at 2005年04月28日 11:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。